D1   小椋 恵麻(Ema OGURA)


【略歴(History)】


出身地


大阪府高槻市


学歴 2008年 3月 私立四天王寺高等学校 卒業
2008年 4月 京都大学工学部建築学科 入学
2012年 3月 京都大学工学部建築学科 卒業
2013年 4月 京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士過程 入学
2015年 3月 京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士過程 修了
2015年 4月 京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士過程 進学

学会活動 日本建築学会 正会員

発表論文
  1. ○小椋恵麻,酒谷粋将,門内輝行:名詞の共起ネットワークから見るメタファーのはたらき−建築設計における創発的プロセスとしてのメタファーの研究(その3),日本建築学会大会学術講演梗概集E,pp.927-928,北海道,2013.9.1.
  2. ○小椋恵麻,安田 渓,門内輝行:ワークプレイスにおける人間行動調査−マルチエージェントシステムを用いた建築空間の視覚特性と人間行動の研究(その2),日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系,5034,大阪,2014.6.21.
  3. ○小椋恵麻,安田渓,門内輝行:ワークプレイスにおける人間行動調査−マルチエージェントシステムを用いた建築空間の視覚特性と人間行動の研究(その2),日本建築学会大会学術講演梗概集E,p.583,近畿,2014.9.12.
卒業設計 Ελενθια(エレウティア)

修士論文 都市エリアにおける関係性のデザインの解読に基づく空間の文法の研究
―大津市堅田地区の景観まちづくりについて―
Study on Space Grammar Based on the Analysis of Relation Design in Urban area
-Learning from KATATA-