主たる研究分野は、建築・都市記号論、及び設計方法論に関する研究である。さらに環境の知覚・行動・認知に関する研究、及び生活環境のデザインとその評価に関する研究へと広く研究を展開している。
これらの研究を基底として、複雑な人間−環境系を解読し、それを豊かな生活環境のデザインに統合していくシンセシスの科学の構築とデザインの実践を推進する。